Young Vic: Death of a Salesman

先日、全キャストが発表になりました

これに関連して、How do two Arthur Miller plays change when you alter the characters’ ethnicity? (FT、購読必要)という記事が。戯曲が発表された当時は白人が演じていた役を、2月4日開幕のThe American Clock (Old Vic)とこのプロダクションでは、異なる人種の俳優がやることについてのインタビューです。 カラーブラインドキャスティングと、登場人物の人種を意図的に変える演出は違う、という指摘が興味深い。

Young Vicの『セールスマンの死』は黒人の家族に対峙するのが白人というのが明確なキャスティングです。

私は、Howard WagnerとStanley役をやるMatthew Seadon-Youngというミュージカル俳優のファンなのでそわそわしています。これがストレートプレイデビューになるのかな…それと、バーナード役のIan Bonarは、何を考えているのがちょっとわかりにくいような表情が印象的で気になっていた俳優なので、注目しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る