メリー・ポピンズ リターンズに出てる、舞台で活躍する俳優さんをまとめました

先日、映画館で『メリー・ポピンズ リターンズ』を見てきましたが、とても楽しかったですね!

という感想は置いておいて、舞台でよくお見かけする俳優さんがちらほら出ておられたので、気づいた人のメモしておこうと思います。なぜなら、そういうことを考えるのが好きだから…!

配役自体がネタバレにもなるので、まだ見てない方は鑑賞後ご確認いただいた方が良いかもしれません。

 
 
 

ジャック役:リン=マニュエル・ミランダ

ハミルトンの人。ミュージカルIn The HeightsとHamiltonを作詞作曲、主演もしてミュージカルスターに。今回の映画でその地位が磐石になった印象です。

 

マイケル・バンクス役:ベン・ウィショー

映画俳優のイメージが強いですが、合間にブロードウェイとロンドンの舞台にも定期的に立つ俳優さん。近年は毎年1本ペースくらい。今年はNYのThe ShedでNorma Jeane Baker of Troyに出演予定(4/6-5/19)。ウィショーさんって何の役でもスルッとできてしまう印象ですが、今回の映画では歌うんだ…!という静かな衝撃がありました。

 

風船売り役:アンジェラ・ランズベリー

ご存知ブロードウェイのレジェンド。

 

ビナクル役:ジム・ノートン

NTL「二十日鼠と人間」のキャンディ役、NTL「ハムレット(ベネディクト・カンバーバッチ主演)」のポローニアス役、2016年「るつぼ」(ベン・ウィショー主演)のジャイルズ・コーリー役。

 

犬の御者シーマスの声:クリス・オダウド

2014年のNTL「二十日鼠と人間」しか舞台に出てない気もしますが、素晴らしかったのでまた見たいです。お願いします。

 

優しい方の弁護士 フライ役:コブナ・ホルドブルック=スミス

NTL「ハムレット(ベネディクト・カンバーバッチ主演)」のレアティーズ役、NT50ではベネディクトと一緒に「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」の一場面を演じていました。現在はロンドンで、ティナ・ターナーミュージカルTina: The Musicalにアイク役で出演中。

 

秘書ミス・ペニー役:ノーマ・ドゥメズウェニ

A Raisin in the Sunとハリー・ポッターと呪いの子でオリヴィエ賞受賞。現在、ブロードウェイの「ハリー・ポッターと呪いの子」に大人になったハーマイオニー役で出演中。

 

芝生踏んだら怒る人:スティーヴ・ニコルソン

きっと舞台にも出ているはずだ、と思って調べたところ、去年はPrintroomのThe Oustsiderに出演していたそうです。映像作品メインですが、時々舞台にも出演されています。

 

銀行受付に荷物をどさっと持ってくる配達人:ジョン・ダグリーシュ

大好き!私が激推ししている舞台俳優です。

キンクスのミュージカルSunny Afternoonのレイ・デイヴィス役でオリヴィエ賞受賞。ケネス・ブラナー・シアターカンパニー「冬物語」オートリカス役。映画やドラマにちょこちょこ出演していますが、年に1〜2本のペースでロンドンのミュージカルとストレートプレイにも出演しています。

最後にSunny Afternoonの宣伝動画を貼っちゃう。

真ん中で歌っているのがジョン・ダグリーシュさんです。

 

それから、点灯夫役のアンサンブルはおそらくブロードウェイミュージカルなどに出演するような方達だと思います。

 

優しくない方の弁護士 グディング役:ジェレミー・スウィフト【2019.2.9.12:30追記】

2018年ロンドンでThe Importance of Being Earnestに出演していたと教えていただきました。リコさんありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る