GWロンドン妄想観劇計画

考え出したら楽しかった。もちろんいまロンドンには行っていない。そもそもGWには旅行した記憶がない。また今の出入国事情やフライトスケジュールがどうなっているかも知らないが、レッツゴー!


4月29日(金)

入国。夜公演のチケットは持っていない。スムーズに入国できるかもわからないし、結構フライトで疲れてしまう。ホテルにチェックインした後は、滞在中に食べたいフルーツや紅茶やおやつをスーパーに買いに行く。

もし時間も元気もたっぷりあったら、ミュージカルの当日券を買うか、ナショナル・シアターで観れるものを観る。ナショナル・シアターでは今ならSmall Islandのリバイバル、ニコラ・ウォーカー主演のThe Corn is Green、小ホールDorfmanではMiddleのプレビュー中だ。

NTブックショップで戯曲を見て、カフェでご飯を食べても良い。


4月30日(土)

マチネ Cabaret (Playhouse Theatre)

オリヴィエ賞で、やっぱり観るしかないなと思った。これを観るためにロンドンに来たと言っても良い。

The 47th (Old Vic)

マイク・バートレットがトランプを描くサタイアなので、これはすぐにでも見ないといけない。これを観るためにロンドンに来たと言っても良い。


5月1日(日)

マチネ The Ocean at the End of the Lane (Duke of York’s Theatre)

日曜のマチネが貴重なのでここに入れたが、終演時間から次の劇場まで25分しか時間が無い(無理かもしれない)

Frozen the Musical (Theatre Royal Drury Lane)

今ならロンドンオリジナルキャストで見られる。絶対楽しい。


5月2日(月)

美術館やアフタヌーンティーなどをこの辺りにねじこむ。

Operation Mincemeat (Riverside Studios)

友人がめちゃくちゃハマっている様子を見ているので、是非一度は鑑賞したい。


5月3日(火)

Orlando (Jermyn Street Theatre)は火曜にマチネやっている。劇場近くでショッピングはしたいので、気が向いたら当日券で観に行く。

Life of Pi (Wyndham’s Theatre)

これを観るためにロンドンに来たと言っても良い。虎を見せろ


5月4日(水)

マチネ The Corn is Green (National Theatre)

ニコラ・ウォーカーを見てみたい。レビューの評判も良い。

Oklahoma! (Young Vic)

2019年のトニー賞で話題になったプロダクションをヤング・ヴィックでやっている。これを観るためにロンドンに来たと言っても良い。


5月5日(木)

Prima Facie (Harold Pinter theatre)

ジョディ・コマーを見てみたい。レビューの評判も良い。

夜 Age of Rage (Internationaal Theater Amsterdam / Barbican Theatre)

6つのギリシャ悲劇を基にした演劇で、イヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出。これを観るためにロンドンに来たと言っても良い(5回目)


5月6日(金)

最終日の公演は事前に決めずに渡英して、滞在中に決める。もう一度観たいものを観るか、迷ったけど観なかったものを観る。

候補は、To Kill A Mockingbird (Gielgud Theatre)、Moulin Rouge! The Musical (Piccadilly Theatre) 、Straight Line Crazy (Bridge Theatre)、Cock (Ambassadors Theatre)。いっそロングランの何かでも良い。

合間におみやげや紅茶を買う。


5月7日(土)

フライト。空港でラストミニットイギリス飯を食べる。


5月8日(日)

帰国。公演を詰め込みすぎた気がするけど、行けてよかったなあ。

という気持ちになるはずである(ちょっとかわいそうな終わり方になってしまった)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る