Leonore 40/45

Leonore 40/45 (Theater Bonn)

OperaVisionで無料ストリーミング中のオペラ『Leonore 40/45』を視聴。

このサムネイルはクリックしたくなるでしょう。

ドイツ、ボンのオペラ座で昨年秋に上演されたものの録画。作曲はロルフ・リーバーマンで、初演は1952年。第二次世界大戦中に恋に落ちた、ドイツ人兵士でクラリネット奏者のアルベルトと、フランス系チェコ人のピアニストイヴェットの恋を描く。戦後も敵同士の結婚は許されないなか、恋人たちは守護天使の導きの元再び結ばれることとなる。バーゼルでの初演は成功を収めたものの、戦後ドイツの観客には物語は好意的に受け止められず、今回の上演は60年以上ぶりとのこと。

筋書きと音楽でもベートベンの『フィデリオ』を引用していて、最後の守護天使の登場シーンはドラマチック。主人公がクラリネットを吹いているシーンに鳴る音がいつもオーボエのように聞こえるのだが、どういうことなのだろう(あまり耳に自信はないが)

全体を通して音楽が面白くて、CDがあれば欲しいくらい。音楽の重々しさに対して、振り付け・美術を含めた舞台演出、演技と歌唱も、軽妙すぎると感じるシーンもあった。ただ、戦時中の女性の丸刈りなども描いていて、そこまで軽薄というわけではない。

たくさん活用されるビデオのデザインは、当初はバウハウスか構成主義的なのかと思ったが、テリー・ギリアムの手がけたモンティパイソンのアニメーションのようでもあり、悪趣味でポストモダン的でもあり、言ってしまえばしっちゃかめっちゃか。とはいえ、奇抜さはちょっと面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る