Raimund Orfeo Voigtの舞台デザイン

舞台美術の写真を見るのが好きです。

最近知ったものすごくかっこいいデザイナー、ドイツ語圏で活躍しているRaimund Orfeo Voigt。

モリエール作『タルチェフ』(2017, Residenztheater, ミュンヘン) Source
ソフォクレス作『オイディプス王』(2015, Residenztheater München, ミュンヘン) Source
デニス・ケリー作『Die Götter weinen』(原題: The Gods Weep)
(2014, Schauspielhaus Graz, グラーツ) Source

どのデザインにしても、悪夢っぽさがすごい。

本人のホームページにうっとりする舞台写真がたくさん載ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る