金曜のリンクまとめ

ロンドン中心の演劇関係ニュース、動画や読み物、リンクをまとめました。今週は長いです。

  • 4月19日からのナショナルシアターライブのリア王、東京ではヒューマントラストシネマ渋谷での上演が決定しました。予告編はこちら
  • ナショナルシアター(NT)のPeter Gyntの新しいムービーが公開されたのですが、こうやって見ると、ジェームズ・マカードルさんが若者なんだなあと気がつきます。エジンバラフェスティバル向けのインタビュー動画も公開されています。
  • マーガレット・アトウッド『侍女の物語』の続編となる新作The Testamentsが9月10日に発売されます。この日、ロンドンのナショナル・シアターでトークショーが行われるのですが(すでに完売)、なんと、それが全世界で中継されるそうです。書籍の出版イベントでここまでやるの珍しくないですか。日本では上映なさそうですが… 
  • ソールドアウトしているキリアン・マーフィー主演のGrief is the Thing with Feathersがついにオープンしました。スクリプトの表紙のデザインがかっこよくて好きです。
  • こちらは、キリアン・マーフィーの舞台の仕事を写真で振り返る記事
  • ウエストエンドでミュージカルCompanyが千秋楽を迎えましたが、どうやらドキュメンタリーとさらに何かが計画されている模様。
  • みんな大好きミュージカルスター(決めつけた)ジョン・オーウェン・ジョーンズが出演したポッドキャスト。JOJさんの曲は聞けてもトークはなかなか聞く機会が無いので、嬉しいです。
  • ミュージカルGuys & Dollsの映画リメイクをトライスターが製作するそう。
  • エイプリルフール、WhatsOnStageのネタは結構好きでした。(via)
  • リリック・ハマースミスではいったい何が…?
  • アラジン5周年で最高なジーニーたち
  • オールド・ヴィクのAll My Sons(4/13-6/8)のトレイラーが公開
  • オールド・ヴィクは工事中なのですが、タイムカプセルなんて可愛いことをやっています
  • 4月7日(現地時間)がいよいよオリヴィエ賞です!レッドカーペットは4時(日本時間の8日0時)からFacebookのページで視聴できます。
  • ポピー・バートン・モーガンによる、子供向けの演劇でクィアをポジティブに描くことについての寄稿
  • 演劇界は多様性の推進を謳いつつ、それは単なるリップサービスで未だ現実は十分ではない、というリン・ガーディナーの厳しい指摘。次世代の演劇人のためにはその議論はとっくに実現できているべきだという意見。
  • WhatsOnStageによるロンドンのシアターバー5軒紹介
  • 映画CATSの撮影打ち上げがあったそう。ちゃんとキャストを調べていなかったのですが、お気に入りの俳優ダニー・コリンズがマンゴージェリー役ということがわかって大興奮しています。

レビュー

  • 今週の☆5:RSCのKunene and the King(-4/23)にマイケル・ビリントンが☆5つけてます。2019年の南アフリカを舞台にした新作で、作家のジョン・カニが主演。彼は南アフリカ人の活動家で、俳優でもあります。もう一人の主演はRSCの看板アントニー・シェールで、彼も南アフリカ出身。
  • 今週の☆5:Grief is the Thing with FeathersのBWWのレビュー。他も褒めているところが多い印象です。Guardianのマイケル・ビリントン, Exeunt MAGAZINEなど。
  • 今週の☆5:イブニングスタンダードのフィオナ・マウントフォードによる、ヤード・シアターのThe Crucible評。(-5/11)
  • 今週の☆5:ナショナル・シアターのTop Girls(-6/22)、気になってましたが、Time Out, Arts Deskが☆5つけてます。他紙は☆2〜4のところもありますが、今もリバイバルする意義がある芝居であることはほぼ変わらず、今回のキャスティングやデザインをどう評価するのかが分かれ目のようです。

公演ニュース

  • 『ル・ポールのドラァグ・レース』のビアンカ・デル・リオが、Everybody’s Talking About Jamieに出演します。5月6日から8週のみ。
  • 先週にNTのプレスリリースがありました(PDF)。新しく発表された演目の中では、アレックス・ジェニングスとリンジー・ダンカンが結婚して30年の夫婦を演じるHansardが気になります(8/22-)。
  • ロイヤルフェスティバルホール(サウスバンク・センター)で上演するThe Light in the Piazza(6/14-7/5)にアレックス・ジェニングスが出演します。忙しい…!演出はダニエル・エヴァンス、主演はルネ・フレミング、ダヴ・キャメロン、他にマルコム・シンクレア、リアム・タムネ、ロブ・ハウチェン等。(via)
  • ウエストエンドでも好調のFiddler on the Roofが9月28日まで公演期間延長。(via)
  • チャリングクロス劇場のAmour(5/2-7/20)のキャストが発表になりました。
  • BIG the musicalがドミニオン劇場にトランスファー予定(9/6-11/2)。2016年のプリマス公演に引き続き、ジェイ・マクギネスが出演。
  • ドンマー・ウェアハウスの新しい芸術監督マイケル・ロングハーストによる新シーズンのラインナップが発表されました。Europe, Appropriate, [Blank]のチケットは会員向けに発売開始、一般発売は4月16日。
  • Park Theatreの資金集め特別公演Whodunnit [Unrehearsed](7/15-27)の豪華ゲストが発表になりました。ミステリードラマ仕立てでゲストはその場で教えられた台本で演技、当日開演するまでゲストが誰かはわからないという公演です。今のところ発表されているのは、ジリアン・アンダーソン、ジム・ブロードベント、ロナン・キーティング、ダミアン・ルイス等。ナレーションの声はイアン・マッケランとジュディ・デンチ。
  • The Secret Diary of Adrian Mole aged 13¾ the Musicalがウエストエンドにトランスファー(6/15-10/12)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る