A Midsummer Night’s Dream

A Midsummer Night’s Dream (Southwark Playhouse)

2016/6/20, 2016/6/22

演出 Simon Evans

出演 Lucy Eaton, Freddie Fox, Melanie Fullbrook, Maddy Hill, Ludovic Hughes, Freddie Hutchins, Suzie Preece

7人で演じるカオス真夏の夜の夢

忘れられないシェイクスピアのプロダクションがある。サザック・プレイハウスで鑑賞した真夏の夜の夢だ。とってもむちゃくちゃでおかしくて、たくさん笑って、最初から最後までずっと楽しかった。

劇場に入ると、中心に細長い平場の舞台があり、舞台の両側を観客席が挟む形になっている。最初は中央に長テーブルと折りたたみ椅子があるのみ。

芝居冒頭は、どうやら芝居の打ち合わせの設定のよう。出演者たちがお互い自己紹介しているところを見ると、俳優たちは自分たち自身を演じている。次の芝居は真夏の夜の夢であること、配役などが話し合われるが、リーダーは7人だけでなんとかやろうとしているらしい。どうやって?なんで私がこの役なの?というところで、7人がハッと気がつく。周りにすでに観客がおり、舞台が開演してしまっていることに。

俳優たちは大慌てで、セットも小道具も衣装も俳優も足りないところで、台本片手に真夏の夜の夢を演じ始める。セットも照明も無いので、想像力を持って見て欲しいとこっそり客にお願いしながら、決めセリフは決め、戯曲の再現が無理なところは端折り、客いじりで盛り上げ、なんとかかんとか「真夏の夜の夢」を形にしていく。

フレディ・フォックスは、有名な実力派ハンサム俳優であることを鼻にかけているキャラで、実のところはこの舞台の道化役だ。彼のディミートリアスはいやらしさが前に出ていて全くかっこよくないし、ボトムがロバの姿に演技力のみで変身するところは長くて細かくて引くほど熱量があって鬱陶しい。笑 文字通り体当たりの演技でものすごくコミカルなのに、本人はいたって深刻な態度なのが余計におかしい。

劇中劇のところは大わらわで、俳優全員が、恋人たちと職人たちを同時に文字通り走り回りながら演じ分けていく。

小道具が無いので、パックがもってくる花も、劇中劇に登場する壁と穴も、座っている観客をつかまえて無理やり演じさせる。たいていは、ふっくらしたおじさんが花役で、真面目な顔をしたオベロンに困ったパックがおじさんを差し出すところで大きな笑いが起きる。小道具役の観客も一緒にカーテンコールに参加できるところが楽しそうだった。

そんなこんなで、舞台は戯曲以上にスラップスティック的な笑いやメタ的な演出で盛り上がる。上演は休憩なしの110分で、猛スピードでしっちゃかめっちゃか。しかし最後に想像力の力を信じたいという、強い、そしていくぶんナイーブなメッセージがあらわれる。こんなに何も準備が無い舞台でも、熱くなって芝居が見れているのは私たち全員の想像力の力だ、というわけだ。そんなこと言っても何もない空間にアーデンの森の木は見えないので、現実的な観客たちはふと現実に意識が戻りそうになる。その瞬間、ほんの一瞬だけ、製作陣は舞台美術のマジックをふいうちで出現させる。観客に束の間夢を見させ、ハッとさせたところで、芝居は終わる。

こんなに元の話に色々と手を加えてしまっていいのだろうか、と思うが、素直に楽しかったし、何度も声に出して笑った。そして、ふと思うのだ。シェイクスピアの芝居が教科書に載る「教養」になる前、ひとつの喜劇として舞台にのっていたころは、観客はただ笑って楽しい時間を過ごすために劇場に行っていたのではないだろうか。私がこのプロダクションを見て楽しく笑って過ごした時間は、その当時に上演されていた芝居の感触と近いものなのではないか。もしかして、この舞台は、シェイクスピア喜劇としてとってもピュアなところがあるのではないだろうか?

以上が、シェイクスピアとの出会いが教科書の暗唱(ロミオとジュリエットのプロローグ)で、宿題なのにちんぷんかんぷんで覚えきれなかったという、なんとも心許ない者の感想だ。

このプロダクションは、レビューの評価があまり良くなかったからか、客席がかなりさみしいのが気の毒でもったいなかった。高くても20ポンドで、間近でフレディ・フォックスが見れるうえに、見てみればそんなに悪くないのに、とミーハーな私は思ったが、ロンドンの観客はかなりシビアだ。

A Midsummer Night’s Dream at Southwark Playhouse, 2016/5/31-7/1, 公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る